【PR】初音ミク「MIKU WITH YOU 2018」Ver. 1/7スケールフィギュア予約受付中!! 詳しくはこちら>>

初音ミクV3 / V4Xをトークロイド化する方法の研究

初音ミクV3 / V4Xをトークロイド化する方法の研究

歌は得意でも、トーク(お喋り)が苦手な初音ミクなどのボーカロイド(V3、V4X)にトークさせる研究の話。

歌わせるのと喋らせるのは、似ているようで次元が全く違う。例えれば、フライパンは目玉焼きを作るには向いているけど、金づちとして使うには、ちょっと無理があるってこと。

様々な方式がある音声合成の技術

音声合成や歌声合成の技術は様々な方式がある。初音ミクが採用しているヤマハが開発した「ボーカロイド」方式は、楽譜データを元にした「歌唱」を想定して開発されている。

そのため「初音ミクに文章を読み上げさせたい」場合や、「初音ミクとお話したい」という場合は、通常の機能では実現することができない。世界の歌姫「初音ミク」は歌うことは得意でも、実は文章を読んだり話すことは超絶に苦手。というか、基本的には“出来ない”のだ。

しかし、そういったことをしたいというニーズは初期からある。根性で日本語が持つ微妙な音程変化やスピードの変化を手入力する人もいるが、下記のような有志が開発した支援ツールを使う方法も古くから知られている。

多くの支援ツールはV3やV4Xに対応していない!

残念なことにボーカロイドにはバージョンがあり、トークロイド化支援ツールとして過去に活躍していた「棒読みちゃん」や「読み上げミク」などが対応しているのは、Vocaloid2規格の初代「初音ミク」のみ。

現行製品のVocaloid3規格である「初音ミクV3」や、Vocaloid4規格の「初音ミクV4X」では、初期から存在する多くのツールは対応していないのだ。Vocaloid2とVocaloid3以降では、技術的な仕様が別物だからだ。


画像は「読み上げミク」の警告ウィンドウ。V3やV4Xのライブラリを使うことは、念ながらできない。

これはもう、根性で手入力でやるしかないのか・・・と思いきや、方法はあった。

vsqxを書き出せるツールを使う

最終的に手持ちのミクを喋らせることができれば良いので、初音ミクV3やV4Xで利用可能な楽譜データである「vsqxファイル」を書き出せるツールを調査する必要があった。

以下に調査結果とレビューを記載する。

Megpoid Talk

以前から知っていたのは「Megpoid Talk」という、声優「中島愛(めぐみ)」の声がベースの文章読み上げソフト。

「Megpoid Talk」を使い「中島愛」の声で書き出したのはこちら。

このソフトは読み上げソフトとして使うだけでなく、Piapro Studioなどのボーカロイド系ソフトで汎用性のあるvsqxファイルを書き出すことができる。むしろ、そういう目的で使っている人も一定数いるようだ。

vsqxファイルを書き出し、Piapro Studioに読み込ませ、初音ミクV4Xで喋らせた結果がこちら。


ピッチベンドも書き出されるが、外した方が自然に聞こえたので、サンプル音声では外してある。

さすがに有料製品だけあって多少の調整は必要なものの、後で紹介する人気ボイスロイド「結月ゆかり」並みのクオリティと言えるだろう。

とっくん (フリー)

動画配信ツールと組み合わせて使うことを想定しているが、単体で使用してVSQXファイルを書き出すことも可能なソフト。

ミクに喋らせた結果がこちら。ピッチベンドは書き出されないものの、すべて手入力で作っていくよりは、相当の効率化が望める。あえて少し機械っぽい感じを狙う場合は有りだと思う。

とっくん 紹介サイト

vsqxは書き出せないけど、優秀なトークロイド系ソフト

ついでに、vsqxファイルは書き出せないものの、優秀なトークロイド系ソフトを紹介する。

VOICEROID+ 結月ゆかり EX

当サイトのコンテンツでも使用実績があるが、簡単な操作で自然な日本語から、狙ったような機械ボイスまで出せることで人気が高いのがボイスロイド版の結月ゆかり。シンプルな設定項目しかないが、クオリティには定評がある。

歌唱用として開発されたボーカロイド版の結月ゆかりも存在するが、ボイスロイド版との互換性はない。ボイスロイド版はテキストファイルで制作案件を管理するので、このソフトではvsqxファイルを書き出したり読み込んだりすることはできない。

さとうささら (CeVIO Creative Studio)

CeVIOはボーカロイドとは全く違う独自技術を使った「音声読み上げ」&「歌唱ソフト」。これ1つでボイスロイドとボーカロイドの機能を併せ持つ。1台2役なのが特徴。ライブの演出のように、曲の冒頭にコメントを喋らせたりするのが容易。

但し、有志作成の変換ツールはあるものの、基本的にボーカロイド用のvsqxファイルは扱えず、「音声読み上げ」部分に関してはツールを用いても変換ができなかった。

なお、過去の初期バージョンにはフリー版が存在していたが、現在は有料製品のみとなっている。

ミクDTMカテゴリの最新記事

Translate
top