【PR】初音ミク「MIKU WITH YOU 2018」Ver. 1/7スケールフィギュア予約受付中!! 詳しくはこちら>>

【音楽理論】ボーカロイドと「キー」について

【音楽理論】ボーカロイドと「キー」について


人間が「カラオケ」を歌う場合、オリジナルの歌手のような音域が歌えない時に「キー」を変えるということが行われます。

ボーカロイドでの音楽制作においても、果たして同じ「キー」の考え方で良いのでしょうか?

音楽制作における「キー」というのは、カラオケのそれとは別物です。メロディーの音程を上げ下げすれば、同じだけ伴奏楽器の音程も変えなければなりません。当然、1オクターブ上げた場合以外は、コードも別物になるので、曲として聴いた感じがかなり別物になってしまうのです。

ボーカロイドに限らず、ボーカルパートも楽器の一つという考え方があります。声が出ないから「キーを変えて」その場をやり過ごすとのは、人間がカラオケを歌う場合はよく行われるのかもしれません。しかし、ボーカロイドや音楽制作の場合に「キーを変えて」その場をやり過ごすというは、例外はあるにしても、基本的に行わない方向で私は制作をしています。

ミクDTMカテゴリの最新記事

Translate
top