【萌え株】数万円~10万円前後で買える株主優待が魅力的な“萌え株”をセレクト!!

【萌え株】数万円~10万円前後で買える株主優待が魅力的な“萌え株”をセレクト!!

その会社の株主になることで、その会社の商品やサービス券などを定期的に貰うことができる株主優待。

株主優待自体は日本独自の制度。海外ではあまり見られないものなので賛否はあるものの、興味のある分野の会社に投資をすれば、お得に興味のある分野のサービスが受けられるというメリットがある。

上場企業それぞれが様々な株主優待を用意している(株主優待がない場合もある)が、今回はその中から数万円~10万円前後と比較的低価格で買うことができる“萌え系”銘柄をピックアップ。ゲームやアニメ、イラストなどに関心がある人ならば、ぜひ株主になっておきたい銘柄たちだ。

まんだらけ (銘柄コード 2652)

札幌、東京、名古屋、大阪、福岡など全国の大都市に店舗がある「まんだらけ」をまずはピックアップ。

グッズ販売店の中でも店舗フロアが大きく、一般の漫画、同人誌、ゲーム、アニメなどのDVD、ブルーレイ、フィギュア、プラモデル・・・など、およそホビーと名の付きそうなものを幅広く扱っている。

株主優待は100株所有で2,000円分の自社商品券が半年ごとに貰えるというもの。権利確定日は3月末と9月末で、1年以上継続保有していると5,000円にアップする。“萌え系”に限らず、株主優待全体でもリターンが非常に高いので、まんだらけが近くにある場合はかなりお得だ。株の所有数に応じて、さらにアップする。

記事執筆時の株価は537円、100株単位での購入なので53,700円で株主優待が受けられるようになる。

リネットジャパングループ (銘柄コード 3556)

ネットで手軽に本やゲーム、CD、DVD、ブルーレイなどを買ったり売ったり出来る「ネットオフ」を運営する企業。

株主優待の内容は100株所有の場合、ネットオフ宅配買取1,000円アップクーポン(買い取り金額3万円以上の場合は1万円アップ)と、1,000円相当のネットオフ買物券が贈呈される。買う場合にも売る場合にも、どっちもお得な内容となっている。もちろん、両方使ってもOKだ。

権利確定日は3月末と9月末で、2年以上継続保有で5割増しなる。株価は執筆時点で810円なので、81,000円で株主になることができる。

ネットオフの買い物サイトはこちら



ブックオフグループホールディングス (銘柄コード 9278)

全国各地にあるブックオフを運営する企業。

株主優待は年1回で、権利確定日は5月末となる。100株所有の場合は2,000円相当の自社グループ買い物券が贈呈される。200株だと3,000円相当と増額されるので、資金に余裕がある場合は見当の価値があるだろう。ブックオフは店舗によっては、本やゲームなどのメディア類だけでなく、フィギュアや萌えグッズなどの品揃えが豊富なだけに利用価値が高い。

記事執筆時点の株価は981円。100株購入する場合は98,100円と、ぎりぎり10万以内で購入できる。

ブックオフの宅配買い取りはこちら



アートスパークHD (銘柄コード 3663)

プロからアマチュアまで幅広く使われているイラスト制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」を手掛けるセルシスの持ち株会社で、CLIP STUDIO PAINT関連の事業が主力。2022年4月に社名変更を予定している。

株主優待はWindows / macOS / iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook の中から、いずれか1台で使用できる「CLIP STUDIO PAINT EX 1デバイス6カ月版」のアクティベーション権。

iPadやスマホ向けの同ソフトは通常はサブスク形態なので、同ソフトのユーザーなら株を所有し続けることで実質無料で使用できることになる。

2021年11月22日時点の株価は1017円。東証2部で値動きが激しいのがネックだが、同ソフトのユーザーなら注目の銘柄ではあるだろう。



【PR】株が初めての人にもオススメな証券会社

株主優待はどこの証券会社を使っても受けられる(信用取引は除く)が、数あるネットで取引できる証券会社の中でも下記で紹介するSBI証券は人気が高い。


ネット証券ならネクシィーズトレードへ

定額コースにすれば1日の取引金額が100万円以下なら取引手数料は無料。口座開設手数料や維持手数料も必要なく、この記事で紹介したような10万円以下の銘柄なら、株自体の料金以外を払う必要もなく株主になれるのだ。

上記バナーのネクシィーズトレードを通して申し込むと、口座開設や取引に関わる疑問も、携帯電話からも繋がる無料の電話サポートが通常より長く受けられたりと、特に初心者にも優しい内容となっている。

※株の取引きには元本を割るなどのリスクがありますので、購入の際は自己判断をお願いします。記載内容は記事執筆時点の情報であり、株価や優待内容は変更になる場合があります。

ミクネタカテゴリの最新ミク記事

top