【PR】即時起動など次世代のモバイル体験を実現した「インテル® Evo™ プラットフォーム」に準拠したノートPCはこちら >>

【Cubase】ドラムエディターに正しいドラムマップを読み込ませる方法

【Cubase】ドラムエディターに正しいドラムマップを読み込ませる方法

Cubaseでドラムを打ち込んだり、ドラムパートを編集する時に使う「ドラムエディター」という機能。

ドラムエディターはドラムに特化された編集画面を特徴とするが、初期状態ではGM音源など一般的なドラムマップが表示されているため、音源によっては「スネアのはずなのにハイハットが鳴る!」などカオス状態が繰り広げられることが多い。

音源にもよるが、Cubase付属音源のGrooveAgentなどでは正しいドラムマップを読み込ませる操作をすれば解決できる場合がある。

手順1 ドラムエディターを開く

Groove Agentなどのドラム音源を設定したドラムエディターを開く。初期状態ではドラムマップに表示されている楽器(キック、スネア、ハイハットなど)と実際に鳴る音色が一致していない場合がある。

手順2 「ドラムマップなし」をクリック

ドラムエディターの下部にある矢印部分「ドラムマップなし」をクリックする。

手順3 「インストゥルメントからドラムマップを作成」をクリック

キャプチャ画面はすでに作成済みだが、「インストゥルメントからドラムマップを作成」という項目をクリックする。

すると、使用しているドラム音源からドラムマップが読み込まれるので、音源(音色)と同じ項目を選択すれば、ドラムマップとなる音色が一致するようになる。

【PR】LenovoのノートPCが5万円台? 限定セール中!!

CTA-IMAGE 進学や就職、転職、クリエイティブ用などに最新ノートPCをお探しの方に嬉しいニュース。

インテルの第10世代CPU搭載で、オンライン学習やテレワークでもサクサク使えるLenovoの大人気ノートPCが5万円台~の在庫処分特価で販売中!!

注文してすぐ届くので、すぐに使いたいという人でも安心。無くなり次第終了のため、低価格かつ高性能なノートPCを探している人はお早目に!!

ミクDTMカテゴリの最新ミク記事

top