【PR】楽器、PA、レコーディング、DJ、DTM… 最低価格保証と即日出荷のサウンドハウス >>

【サポート終了】Windows7→10移行でDTMerに襲い掛かるトラブル対処法

【サポート終了】Windows7→10移行でDTMerに襲い掛かるトラブル対処法

長期に渡って活躍してきた安定OSの優等生、Windows7が2020年1月14日を持って公式サポート終了となる。Windows10みたいな、コロコロ小出しで機能がアップデートされていく“小出しちゃんOS”よりも、安定して必要十分な機能が使えるWindows7の方が好き、という人も結構いるのではないだろうか。筆者もその一人だ。

何度かお試し的にWin10にバージョンアップしたことはあるけれど、使い慣れたソフトやハードが正常に動かなかったして、結局、毎回Windows7に戻して使っている。すごく非生産的な作業だった。

しかし、今回はマイクロソフトの公式サポート終了ということで、セキュリティ面や今後の新しいソフトがほとんど対応しなくなることが確定的。もう無駄な抵抗は辞めて、ギリギリのタイミングでWindows10にバージョンアップすることにした。ああ、悲しい。湿っぽい話だが、所詮、庶民の抵抗はこんなものなのだ。

Windows10はバージョンがいくつもある

大前提、まずは自分が使っているDAWなどのソフトがWindows10に対応しているか確認する。ただ、Windows10のややこしい所は、小出しでいくつもバージョンがあるということ。

Windows7とかXPとかなら、SP=サービスパックと呼ばれる大きなバージョンアップのくくりが2つか3つあるだけだった。しかし、Windows10はそれがもっともっと小出しで、大きなくくりが存在する。Windows10対応とあっても、それが最新バージョンのWindows10かどうかも確認必須なのだ。

基本的にクリーンインストールしか道がない

一応、インストール済みのソフトなどの環境をそのままにして、OSだけを10にバージョンアップすることもできるし、それがデフォルト設定だと思う。

しかし、筆者の場合がそうだったが、Windows7を入れたばかりみたいな、限りなくクリーンな標準的な環境でないと、バージョンアップ後に正常動作しない箇所があったりする。

今どき、なんでこんなにパージョンアップで苦労するのかわからないが、タスクバーがおかしくなったり、ソフトが正常に起動しなくなったりした。特に、DAWとか複雑で大きいソフトは、まずプラグインが読み込めなくなったり、そもそもDAW自体が全く起動しなくなったりする。

調べながら色々やってみても、こりゃ埒があかないと判断。早々に面倒臭いがクリーンインストールすることにした・・・。

クリーンインストールの場合、OSと同じドライブのデータは全部消えてしまうので、他のドライブに移すなり、事前にバックアップは万全に行う必要がある。不安な場合は外付けHDDなどに重要なデータを退避させておくと安心だろう。どんなにしくじっても、自分で血を流して作った制作データだけは死守することができる。

プラグインの再インストールが大変

DTMerの場合、Windows10をクリーンインストールすると、DAWはもちろんのこと、プラグイン関係も全部、再インストールし直すことになる。

この作業、沢山のプラグインを入れている人は非常に大変だから腹を決めなくてはならない。まず、それぞれのプラグインのインストール方法はまちまちなので、それぞれ設定しないとならない。しかし、かなり昔にインストールしたプラグインは、設定の仕方を忘れていることも多いだろう。

筆者の場合、ハマってしまったのは、ライセンス管理ソフトがバージョンアップしていて丸っきり手順が変わってしまっていたケース。Wavesの場合がそうだったが、最初にインストールした当時とライセンス管理ソフトが大きく変わっていた。そして、所持しているプラグインのバージョンと、そのライセンス管理ソフトの相性のせいなのか、DAWにうまく読むこむことができなくなっていた。

このあたりは各社、とてもややこしい独自仕様なので注意が必要。Wavesの場合はわざわざ古いバージョンのライセンス管理ソフトをダウンロードして・・・みたいな手順を踏んだ。

上記はNI社のReplikaというプラグインだが、こちらも何でかよくわからないけど、スムーズに入れることができなかった。インストール先を変えたり、半日くらい色々やっているうちに無事に導入できたが、この機会に自分に必要なプラグインを絞ってみたり、シェイプアップしてみるのも良いかもしれない。

Windows10は無料でダウンロードできる(?)

Windows10は以前、無料でWindows7やWindows8などからバージョンアップできるキャンペーン的なものをやっていたが、その時にライセンス登録したPCならば現在も無料でバージョンアップできる場合が多い。そのあたりの基準が公式に明記されていないが、慌てて新規購入する前にまずは試してみるのが良いだろう。

ライセンスがないなどでインストールできない場合は新規購入が残された道となる。ネットで購入できるDSPだと比較的、安い値段で入手することができるので、無料でインストールできなかった場合は検討してみるのも良いだろう。

ミクDTMカテゴリの最新ミク記事

top