【PR】初音ミク「MIKU WITH YOU 2018」Ver. 1/7スケールフィギュア予約受付中!! 詳しくはこちら>>

【レビュー】「SESSION HORNS」はリッチで熱いホーン・サウンド音源

【レビュー】「SESSION HORNS」はリッチで熱いホーン・サウンド音源

Native Instruments社の「KOMPLETE」のスタンダードグレードに含まれる、ホーン・サウンド音源「SESSION HORNS」のレビュー。DAW付属のホーン音源と言えば、あまり生々しいサウンドではない場合もあるが、「SESSION HORNS」はトロンボーン、テナー・サックス、2本のトランペットがリッチにサンプリングされている。

※以前紹介した「KOMPLETE 11 SELECT」全製品レビューはこちら

2年半悩んだ挙句、ついに購入Native Instruments社の音源やプラグインのバンドル製品である「KOMPLETE」シリーズのエントリークラスに位置する「KOMPLETE 11 SELECT」を、実に2年半ほど悩んだ挙句、ついに導入したので、それぞれの製品について可能な範囲でレビュー...

ポップス系でも活躍するストリング音源

聴く人を吹き飛ばすようなサウンド

生々しいサウンドの「SESSION HORNS」だが、使い方は簡単。2つ以上の音を同時にならせば、低い音がトロンボーン、高音部がトランペットという具合に割り当てられる。

4つの楽器で演奏するか、それぞれの楽器だけで演奏するかを選ぶこともでき、音楽制作だけでなくライブ演奏などでも活用できそうな音源だ。

デモ曲はこちら

KOMPLETE 製品の紹介

今回紹介した「SESSION HORNS」はNI社サイトから単品購入できる他、「KOMPLETE」にもバンドルされている。

ミクDTMカテゴリの最新記事

Translate
top