【PR】Amazon.co.jp限定 初音ミク「マジカルミライ 2019」OFFICIAL ALBUM (オリジナル缶バッチ付)>>

【レビュー】書籍『作曲少女』から学ぶ、夢中になることの大切さ

【レビュー】書籍『作曲少女』から学ぶ、夢中になることの大切さ

作曲をテーマにした人気ライトノベル『作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~』のレビュー。印象に残った文脈などを引用しながらレビューしていきたい。

作曲少女のストーリーと構成

作曲を志す自称・平凡な女子高生である「いろは」に、プロ作曲家として活躍するクラスメートの天才現役女子高生「珠ちゃん」が主要な登場人物。珠ちゃんがいろはに作曲について14日間のレッスンをしていくストーリー。

作曲入門者の勉強法と言えば、難解な音楽理論書を買ってみたりと、大体、皆やることは一緒なのだが、いろはも一緒で音楽理論書を買って挫折したタイプ。

そこで、珠ちゃんにレッスンをして貰うことになるのだが、そのレッスンは意外なものばかり。しかし、その意外性にもプロの作曲家である珠ちゃんなりの理由があったのだ。

本の構成は14日間のレッスンがそれぞれ章として分かれていて、かわいいイラストが挿入されていたりと、読みやすい作りになっている。

作曲は他の創作に比べて敷居が高め

序盤に登場する珠ちゃんのセリフから引用してみたい。

〝作曲ってほかの創作と比べて敷居高めなんだよ。絵とかだとさ、下手でも下手なりに1枚描き上げるって割とできるけど、作曲ってその最初の1枚を書き上げるまでが大変なんだよ。〝

入門書を山ほど買ったのは良いけれど、早くも作曲に挫折したいろはに珠ちゃんが諭す場面。理論書を読んだことで作曲ができるようになった人は、むしろ珍しいくらいで、何が何でも、とにかく最初の1曲を作り上げることが大切だと珠ちゃんが言う。

これは他の分野、例えば映像やデザインなどにも言えることだと筆者も思う。どんな創作物でも、技術や経験がないうちは最後まで作り切ることが難しい場合がある。しかし、その試練を超えなければ次の一歩に進むことが出来ないのである。

周囲を好きなものもので埋め尽くせ

レッスンの初日に買い出しに行った二人。楽器や作曲に使う道具を買いに行くのかと思えば、買ってきたのは好きなキャラのぬいぐるみなど、いろはの好きなものばかり。

一見、作曲に関係なさそうで、いろはを見放したかのような珠ちゃんだったが、珠ちゃんいわく、これは一番大事なことだと言う。

〝作曲はね、『今まで自分が感動してきた体験や記憶、空間や時間を、自分なりの形で音楽として再現する』っていうことなんだ。〝

〝・・・・・・制作机は聖域だ。自分が感動してきたものを再現する工房、それが制作机。その周りには、今まで自分が感動してきたあらゆるものを置く。〝

作曲に限らず、クリエイターの仕事環境、制作環境というのは非常に大切だと思う。自由で伸び伸びした心地良い発想をするためには、自分にとって居心地のいい空間であることが、何よりもまず大事なのではないだろうか。

音楽の会話は雰囲気だけ

音楽学習は言語学習に近いという珠ちゃん。しかし、音楽と日本語や英語といった言語には、大きな違いがあるという。

〝音楽がほかの言語と決定的に違うところはね、『どんな言葉も〝ハッキリは言わない〝』っていうところなんだ。〝

歌詞のある歌物はとりあえず別にして、音楽というのはハッキリとは言わないタイプの言語だ。しかし、それでも強いメッセージを込めることができる・・・それが音楽なのだ。

努力は夢中に勝てない

作曲を珠ちゃんに習い始めて4日目の朝。いろはが珠ちゃんを訪ねると、そこには眠そうな珠ちゃんの姿が。聞くと作曲の仕事ではなく、ゲームに夢中になって徹夜をしていたのだという。

〝遊びを作る人間が、遊ぶことを忘れたらおしまいだ!〝

〝どんなに一生懸命努力したとしても、努力してるかぎり、夢中になってる人には絶対にかなわない〝

夢中になることは、遊ぶことにも創作活動にも、どんなことにも必要ことだと説く珠ちゃん。

作曲を志す人の中には、好きなアニメやゲームのために、何度も徹夜してしまった経験があるという人もいるのではないだろうか? しかし、実はそれは作曲にも通用する「夢中」という名のエネルギーであり、大切なことなのだ。

いろはと珠ちゃんの作曲ストーリーは続く

記事で紹介したのは、まだまだ序盤のストーリーだけ。

この先には作曲入門者の誰もが経験する大きな壁が数度に渡り、いろはと珠ちゃんに襲いかかる。

中盤では天才少女の珠ちゃんの隠された過去が明かされたり、手に汗握らずにいられない女子高生同士のハラハラする展開も!?

作曲入門者はもちろんのこと、そうでない人もきっと「夢中」になってしまうこと間違いなしのDTM系、イチオシのライトノベルと言えるだろう。

ミクDTMカテゴリの最新ミク記事

top